トラック買取に必要なもの

これらの書類と手続きが必要

トラック買取業者を利用する際に必要となってくる書類や、手続きについて簡単に紹介したいと思います。まず必要となるのは譲渡証明書、委任状、印鑑、印鑑登録です。印鑑登録は役所で申請しなければいけないので、早めに準備しておきましょう。自賠責の証明書や車検証、自動車納税証明書なども手元に用意しておかなくてはいけません。リサイクル費用を事前に支払っている場合には、リサイクル券も用意してください。不明な点などがあれば、トラック買取業者の専門スタッフに問い合わせてみるのもいいかもしれません。最近は書類上の名義変更手続きなどを無料で代行してくれる業者も多いですよ。丁寧な業者だと、いろいろ質問に答えてくれたり手続きの説明もしてくれます。

ディーラーや信販会社が所有者の場合は要注意

ローンでトラックを購入しているケースだと、まだ名義上の所有者がディーラーになっていたり、信販会社になっているということもあるのではないかと思います。そうしたトラックを買い取ってもらいたい場合は注意が必要です。こういった車を売るには2つの方法があります。まずは残債を払って車検証や印鑑証明などの書類を揃え、名義を自分のものに変更してから買取業者を利用する方法です。

もう1つは、ディーラーや信販会社に依頼して廃車手続きをとってから廃車買取対応の業者にトラックを買い取ってもらう方法です。手数料と業者によっていくつかの必要書類が必要となりますので、詳しくはローンを組んだディーラーや信販会社にお問い合わせください。